“今松”の読み方と例文
読み方割合
いままつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私のつたない小説「寄席」の中に主人公の今松と云ふわかい落語家が、旅で御難をして熱海に温泉宿をしてゐるひゐき先をたよつて飛込む一節がある。
落語家温泉録 (新字旧仮名) / 正岡容(著)