“人煙稀薄”の読み方と例文
読み方割合
じんゑんきはく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
武藏と下總の國境を、渡し舟が人を運んだ人煙稀薄大昔はとにかくとして、あれだけの橋が幾筋も出來上るには、かけなければならない交通と、物資のふくらみとがあつたわけだ。
花火と大川端 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)