“二語”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふたこと66.7%
にご33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“二語”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いえ」と、スクルージは云った。「いえ、私の番頭に今一寸一語ひとこと二語ふたこと云ってやることが出来たらとそう思ったので、それだけですよ。」
二語ふたこと三語みこと物を言って見て、復た二人とも黙って歩いた。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
冷然たる医者はいち二語にご簡単な挨拶をしながら診察にかかった。
奈々子 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)