“乳懸縄”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちかけなわ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乳懸縄”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
せきたてた声に、運命を仕切ったお白州木戸が重くギイとあいて、乳懸縄ちかけなわのお駒が小者四人にきびしく守られながら、よろめきよろめき現われました。