“中城”の読み方と例文
読み方割合
なかぐすく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
記録の語る所によれば、宜野湾間切は寛文三年(二百二十年前)に浦添・北谷中城の三間切をいて置いたとのことである。
浦添考 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
併し私は明日早く那覇を立つて、今舞臺で見つゝある阿摩和利の居城勝連を遠望し、その敵手であつた忠臣護佐丸中城をも訪ねんとするのである。
沖縄の旅 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
チョチョログワ 中頭中城