“勝連”の読み方と例文
読み方割合
かつれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
併し私は明日早く那覇を立つて、今舞臺で見つゝある阿摩和利の居城勝連を遠望し、その敵手であつた忠臣護佐丸中城をも訪ねんとするのである。
沖縄の旅 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
勝連文化と私はに呼んでいるのだが、その勝連文化と首里・那覇を中心とした文化、すなわち浦添文化とでも言うべきものとの間には、系統上の相異があったのではなかろうか。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
その後、同じ瓦が首里城でも発見され、つい近頃、勝連城址でも発見された。
土塊石片録 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)