“下邳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かひ75.0%
カヒ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そちは陳大夫と共に城に残ってわが妻子や金銀兵糧などを、すべて下邳の城のほうへ移しておけ。よろしいか」と、いいつけた。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
徐州は守備に不利なので、玄徳は小沛の城にることとし、妻子一族は関羽の手にあずけて、もと呂布のいた下邳の城へ移した。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『どうだ君、四ツ谷見附がさしづめ下邳※橋だ。そして今時の黄石公は不性だから、居宅へ張良が逢ひに行くとはどうだ。ハハハハ』
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)