“下垂”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かすい50.0%
しだ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“下垂”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そういって、杜はわれとわが頭をにぎこぶしでもってゴツンゴツンとなぐった。その痛々しい響は、物云いたげな有坂の下垂かすい死体の前に、いつまでも続いていた。
棺桶の花嫁 (新字新仮名) / 海野十三(著)
よく見ると、大きな枸杞くこ下垂しだれ枝が、薄紫の小さな花を一杯つけてるのだった。
幻の彼方 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)