“上総姉崎:かずさあねがさき” の例文
“上総姉崎:かずさあねがさき”を含む作品の著者(上位)作品数
久生十蘭1
“上総姉崎:かずさあねがさき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
へえ、伏鐘ふせがねの重三郎といいましてね、上総姉崎かずさあねがさき漁師りょうしの伜で、十七のとき、中山の法華経寺へ押入り、和尚をおどしつけて八百両の金をゆすり取ったのを手はじめに、嘉永四年の六月には佐竹の御金蔵ごきんぞうをやぶって六千両。
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)