“上月城”の読み方と例文
読み方割合
こうづきじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頻々、後詰の催促を発しながら、一面には、備前随一の勇名ある真壁治次に、手兵八百をさずけて、上月城を奪回することに成功し
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鳥取城や上月城で、をあらわしたことも聞えている。将来ある若武者、よい骨がらである。などと多少おだて気味な声も当人の耳にはいっている。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
上月城三木城、その他、各地の転戦苦闘は言語に絶えるものがあった。戦いの困苦や危険のほか、主将としての精神的苦境にも幾たびとなくった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)