“□□”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
不明50.0%
二字アキ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“□□”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
高柳の両士曰、□□不明御同意申ても何分重役の者之心中ハ難計候。
□□不明にて御座候。
と、その聲はわかやいだ艷めいた手で、いきなり□□二字アキをまさぐるやうな美しい動かない力で、いつも人々のすべてを刺戟した。
蒼白き巣窟 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)