“レントゲン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
光線50.0%
X光線50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「……馬鹿な……そんな小さな骨がX光線レントゲンに感じた例はまだ聞きません。こちらへお出でなさい。とにかくてあげますから」
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ところが、その胃潰瘍が程なく全快して、出血が止ったので念のために、この胃潰瘍ががんになっているかいないかを調べる目的でX光線レントゲンにかかって、レントゲン主任の内藤医学士から「異状無し」と宣告されたのでホットして帰って来て寝台に引っくり返ったばかりのところであった。
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)