“ブエノスアイレス”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
舞埃33.3%
舞埃城33.3%
舞城33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舞埃ブエノスアイレス市の郊外の道を行けば、牛羊が草に酔ったかのごとくけぶるようなみぎわにねむっている。
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
(平野は青々として海のようにひろがり、ラプラタ川の色は黄色ににごってあたかも泥のようである。舞埃城ブエノスアイレス市外の道は、一望すれば空に消えるかと思われるばかりである。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
(高層の建物が櫛の歯のごとくならぶ舞埃城ブエノスアイレス市は、狭い街路を電車が縦横に走る。日暮れ時ともなると人々の集散は激しく、肩と肩とがぶつかり合うありさまで往来するのである。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
ブラジルの野はコーヒーの林がつらなり、舞城ブエノスアイレスは牧草の地が広がっている。
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
紋都モンテビデオ市の湾外に船をすすめ、さらに夜明けまでラプラタ川をさかのぼる。汽笛の音が時には夢を破り、やがて舞城ブエノスアイレス市があかつきの船窓に見えた。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)