“ヒーロー”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
英雄71.4%
主人公28.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、もしここに野心があり覇気のある快男子があるとすれば、一時的の剣の力よりも、永久的の筆の力で、英雄ヒーローになった方が長持がする。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と云うのは、多くの場合に於て、英雄ヒーローとはその時代に極めて大切な人という事で、名前だけは偉そうだけれども、本来は甚だ実際的なものである。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
従って其の主人公ヒーローたる自己の住む雰囲気は、常に、彼の小説に於ける要求と同じく、詩をもったもの、ロマンス的効果に富んだものでなければならなかった。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
と私は溜息をついた。名前が先に決つて、それで称び慣れても私自身も周囲の者もヒヤヒヤしなくなる頃となつて、漸く私はその主人公ヒーローが活躍する一篇の物語が完成するのがそれまでの習慣だつた。
ゾイラス (新字旧仮名) / 牧野信一(著)