“ハープ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
竪琴80.0%
10.0%
風奏琴10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のみならず、あるいは気のせいかは知らないけれども、なんとなくその形が、竪琴ハープにも似ているように思われるのだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
やがて、伸子は竪琴ハープに顔を隠して、肩をふるわせ激しい息使いを始めたが、法水は、それなり訊問を打ち切ってしまった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
お客様も数名あり、我々は六人のコト(即ちハープ)演奏者と、一人のビワ演奏者とによってもてなされた。
このエオリアン風奏琴ハープに似た装置以外に、弓に似た竹片に単に一本の糸を張り渡し、それに短く切った紙をつけた物も見た。