“ナプキン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
拭布50.0%
胸布50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼らは中途で拭布ナプキンほうす訳に行かなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
子供たちは胸布ナプキンをたたんで、同じく立ち上がった。