“タイツ”の漢字の書き方と例文
語句割合
肉襦袢100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大一番の丸髷まるまげに結って肉襦袢タイツ姿、それが三百ポンドもある大重錘をさしあげる、大和撫子やまとなでしこならぬ大和鬼蓮おにはすだ。
人外魔境:08 遊魂境 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「あの女は、寒気に充分な抵抗力がある。なにしろ、馴鹿となかいがいるあたりの北カナダへいってさえ、肉襦袢タイツ姿で平気でいれる奴だ。しかし、どうも近ごろ様子が変っている」
人外魔境:08 遊魂境 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)