“サンスクリット”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
梵語66.7%
梵字33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
したがって梵語サンスクリットの聖典を漢訳する場合などは、ずいぶん骨が折れたに相違ありません。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
ということですが、この語は、梵語サンスクリットの音をそのままに写したもので、原語でいえば「アヌッタラ、サミャク、サンボーディン」というのであります。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
梵字サンスクリットの本ですね。」
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)