“クレーン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
起重機66.7%
扛重機33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何しろ、そこの屋根窓型の窓というのは、実際は、屋根に取附けたドアであって、街路から貯蔵物を釣り上げるのに使う小さな起重機クレーンがその上に附いていた。
が、喬介の推理を受入れてれる様な場所は見当らない。で、がっかりした私達は、工場を出て、今度は、二つの乾船渠ドライ・ドックの間の起重機クレーンの林の中へやって来た。
カンカン虫殺人事件 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
一種生臭なまぐさいような暖かい蒸気が甲板の人を取り巻いて、フォクスルのほうで、今までやかましく荷物をまき上げていた扛重機クレーンの音が突然やむと、かーんとするほど人々の耳はかえって遠くなった。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)