“カーネーション”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
撫子50.0%
麝香撫子50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうちに、一枚の菩提樹リンデンの葉チューリップの上に落つるを見、更に歩むうち、今度は広々とした池に出会いて、そのほとりに咲く撫子カーネーションを見るに、みな垂れ下がるほどおおいなるはなびらを持てり。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それから、撫子カーネーションの垂れ下がるほどおおいなるはなびら——というところは、第一、撫子カーネーションには肉化インカーネーションの意味もあり、また、巨きな瓣を取り去ろうとするがなし得ない——というところは、その肉化した瓣が、膨れるのをおそれていたからなんです。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
黒い絹レースのマンテリアを後に垂らした純西班牙エスパニア風の装いをした妻と卓を挟んで薔薇と麝香撫子カーネーションの花陰に語り、飲み、喰べ、そして微笑し、初めて頭取らしい鷹揚おうような威厳を取り戻した一幅の場景をも
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)