“エーテル”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
精気50.0%
光素25.0%
灝気25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるいは一種の電気または精気エーテルの作用に帰するよりほかなし。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
彼はそこにただ一人で、考えに沈み、心穏やかに、跪拝きはいの心地で、おのが心の朗らかさと精気エーテルの朗らかさとを比べて見、暗やみの中で目に見得る星辰せいしんの輝きと目に見えざる神の光輝とに感動し、未知のものより落ちてくる思いに心をうち開いていた。
くろぐろと光素エーテルを吸ひ
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
やがて夜より灝気エーテル(注二)、と光の女神ヘメーラは生れぬ、