“アヘン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:あへん
語句割合
阿片69.6%
鴉片26.1%
亜片4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
デ・クインシイが「阿片アヘン喫煙者の懺悔ざんげ」は、さきに佐藤春夫さとうはるを氏をして「指紋しもん」の奇文を成さしめたり。
でも、ね、一ついやな事があるの。そのお方の話では、直治はかなりひどい阿片アヘン中毒になっているらしい
斜陽 (新字新仮名) / 太宰治(著)
さういふ時の林平は恰も鴉片アヘン喫煙者であるかのやうに混濁した想念に心のすべてを委ねてゐるに相違ない。
「キツネ」艦の話は勿論もちろん、フアレエルの作品にみてゐるものは東洋の鴉片アヘンの煙である。
鴉片 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
歴史と風雨で色のついた大クレムリンの石垣にそって、通行人と異臭のなかをイベリアンの門をくぐろうとすると、左の壁にマルクスの言葉「宗教は国民の亜片アヘンなり」が彫ってある。
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)