“もんぺ”の漢字の書き方と例文
カタカナ:モンペ
語句割合
雪袴100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藁沓わらぐついて、綿ネルの布切で首から頭から包んだり、綿の厚くはいった紺の雪袴もんぺ穿いたり――女も――していた。
贋物 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
PR