“まなかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
眼交100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幼少の折、奥のひと間で品のよい婦人と検校けんぎょうとが「狐噲こんかい」を弾いていたあの場面が、一瞬間彼の眼交まなかいかすめた。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)