“まちあわせ”の漢字の書き方と例文
語句割合
待合100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしは両親よりも一歩先ひとあしさきに横浜から船に乗り、そして神戸の港で、後から陸行して来られる両親を待合まちあわせしたのである。
十九の秋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)