“ほりざらへ”の漢字の書き方と例文
語句割合
堀浚100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
えて三年二月ついたちに小石川の堀浚ほりざらへを幕府から命ぜられ、三月に仙台から江戸へ出て、工事を起した。
椙原品 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
堀浚ほりざらへの命が伊達家に下つた一年前である。
椙原品 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)