“ほそいと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
細糸50.0%
繊絃50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新潟より三里上りて赤塚村といふあり、山のところ/″\にをなしたるあり、こゝにをたてゝ細糸をはりて鳥をとる、これを里言に赤塚の天の網といふ。
今の我に歌のありやを問ひますななき繊絃これ二十五
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)