“へいふう”の漢字の書き方と例文
語句割合
弊風100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふつうの家庭では、なにかの時だけ、儀式的なことに、無闇と飾りたてたりしながら、平常はぞんざいにものごとを扱っている弊風があるのを、私はどうもおもしろく思わない。
鍋料理の話 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
是が博奕とか売春とかいう目に立つ弊風であるならば、むしろ自他ともに警戒したであろうが、それほど重きを置かれなくて、いつのまにか暗々裡に入り込んでいた生活変化は
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
我々青年はまづこの弊風を打破しなければいかんです。僕はこの間博浪沙始皇帝の車に鉄椎を落させました。不幸にしてそれは失敗しましたが、まだ壮心が衰へた訳ではありません。
饒舌 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)