“ひわい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
卑猥94.3%
鄙猥3.8%
卑狼1.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みなさんに忘れられないように私の勉強ぶりをときたま、ちらっとのぞかせてやろうという卑猥ひわいな魂胆のようである。
古靴屋はちょっと仕事の手を休めて、甲高い声で卑猥ひわいなことを言いかけたり、万国労働歌を口笛で吹いてきかしたりした。
彼は鄙猥ひわいなる戯作本げさくぼんを禁じて、その著作者を罪せり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
鄙猥ひわい 林籔りんそうかくる。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
また場末の寄席よせなどの下劣な芸人は白扇で額をたたいて卑狼ひわいな言葉を弄したりした。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)