“なけなし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
有乎無乎66.7%
投無33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
流石に巡査の目を憚つて、日が暮れるのを待つて御供水を貰ひに來る嬶共は、有乎無乎なけなしの小袋を引敝ひつぱたいて葡萄酒を買つて來る樣になつた。
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
流石に巡査の目をはばかつて、日が暮れるのを待つて御供水おそなへみづを貰ひに来る嬶共かかあどもは、有乎無乎なけなしの小袋を引敝ひつぱたいて葡萄酒を買つて来る様になつた。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
(前略)子供の出来がいい。それで投無なけなしの金をつぎ込んで大学へあげる。子供の出世を夢見ていたところが子供は横道へそれてしまった。思惑ががらりと外れたんであんな風になったんじゃないんですか。株に失敗して気が違う人間がよくありますが、あれもまあそれと似たり寄ったりらしいですね。
山本有三氏の境地 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)