“どんどん”の漢字の書き方と例文
語句割合
鈍々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山田を出た武蔵もまたこわい眉と唇を持って、痛む足をひきずりながら、鈍々どんどんと、跛行びっこをひいてここを通った。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
虚勢を抜いて、彼らが、気のついたころには、土肥庄次郎は、その肥えた体を、鈍々どんどんと足早にすすめて、健吉とよぶ侍の後を追っていた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)