“どてぎわ”の漢字の書き方と例文
語句割合
土手際100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その寓していた家は麹町の土手三番町、甲武こうぶの電車の通る土手際どてぎわで、芳子の書斎はその家での客座敷、八畳の一間、前に往来の頻繁ひんぱんな道路があって、がやがやと往来の人やら子供やらでやかましい。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
半分から先は夕飯に呼ばれたのと夜になりかけた窓の薄暗さに拾い読みをしたばかりなので、君江はぶらぶら堀端ほりばたを歩みながら、どこか静な土手際どてぎわで電燈の光のあかるい処でもあったらもう一度読み直そうという気もしたのである。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)