“どうもう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
獰猛95.0%
童蒙4.2%
童猛0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とにかくそれは、今まで見たこともなく、想像もしたこともないような、この上もなく獰猛な、何ともいえないおそろしい顔でした。
銀子は目に涙をためていたが、栗栖もちょっとてこずるくらい童蒙な表情をしていた。彼女は何ということなし、ただ人気のない遠いへ行きたいような気が漠然としていた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
その揚子江の船乗りで、混江龍とあだ名のある李俊は、その日、仲間の童威童猛という二人をつれて、街の方から嶺の峠路を登って来たが
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、混江龍李俊はまた、そこでも宋江をひきとめてやまない。ついに一夜のやっかいになる。その晩の酒もりで、李俊は童威童猛の兄弟分二人を、あらためて、宋江にひきあわせた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)