“ついび”の漢字の書き方と例文
語句割合
追尾100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時宗右衛門は安を見初みそめて、芝居がはねてから追尾ついびして行って、紺屋町の日野屋に入るのを見極めた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
わざと五条橋を避け、主従とも、七条河原へまぎれたのは、相手の追尾ついびよりも、帰る先と、身分を知られることの方が、よりこわかったからにちがいない。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)