“ぢくぢ”の漢字の書き方と例文
語句割合
忸怩100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
書生は始めて益軒を知り、この一代の大儒の前に忸怩ぢくぢとして先刻の無礼を謝した。
侏儒の言葉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
日常瑣々ささの事、猶且なほかつ味はひ来れば無限の趣味あり、無限の秘密あり、無限の教訓ありて、我等をして思はず忸怩ぢくぢとして無謀の行動を敢てせざらしむる者也。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)