“ちんちん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
沈々75.0%
心火25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ばさと木の葉の落ちる音にも胸かせ、ただ黒暗々たる無人の密林盆地のうちに天も地も沈々と更けゆく中に、寂寞身を切るような阿弗利加奥地の奇異な一夜を明かしたことであったが
令嬢エミーラの日記 (新字新仮名) / 橘外男(著)
それだから私は実に心配で、心火なら可いけれど、なかなか心火どころの洒落沙汰ぢやありはしません。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)