“ちんちん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
沈々66.7%
心火33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やが嫁入よめいり行列は、沈々ちんちん黙々もくもくとして黒い人影は菜の花の中を、物の半町はんちょうも進んだころお
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)
もがく玄女と猪右衛門を担いで庭師の去った後は、月光が木の葉を照すばかり、沈々ちんちんとして静かである。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その上にあの女だ! ただ代物しろものぢやありはしませんわね。それだから私は実に心配で、心火ちんちんなら可いけれど、なかなか心火どころの洒落しやれ沙汰さたぢやありはしません。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)