“そぶつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
粗物66.7%
麁物33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俗語で下手物げてものとか粗物そぶつとか雑具とか呼ばれる雑器の類は、凡て民藝品に属するわけです。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
しかし出来上った品から見ますと、実は一番人々から粗末に扱われているいわゆる「粗物そぶつ」とさげすまれているものが、最も特色のあるまた見事なものだと評さねばなりません。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
此えり麁物そぶつながら呈上(○蘭の絵ハ御苑ニアル分ヲ写させ申候)。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)