“じごくへん”の漢字の書き方と例文
語句割合
地獄変100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊にが細かったの、腹がれていたのと云うのは、地獄変からでも思いついたのでしょう。つまり鬼界が島と云う所から、餓鬼の形容を使ったのです。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
先頃大殿様御一代中で、一番人目かせた、地獄変屏風の由来を申し上げましたから、今度は若殿様の御生涯で、たった一度の不思議な出来事を御話し致そうかと存じて居ります。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)