“じかたまち”の漢字の書き方と例文
語句割合
地方町100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吉さんというのは地方町の小学校時代の友達で、理髪師をしている山谷通りの親爺の店で、これまで長吉の髪をかってくれた若衆である。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
あらゆる記憶の数々が電光のようにく。最初地方町の小学校へ行く頃は毎日のように喧嘩して遊んだ。やがてはなから近所の板塀や土蔵の壁に相々傘をかかれてされた。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)