“しんにょほっしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
真如法性100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真如法性は即ち一ということはわかりましても、無明によって業相の起る所以がわかりませぬ。真如即無明といたしますれば、無明を真如に働かせる力は何物でございましょう。
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
提宇子、この段を説く事、ひとえに自縄自縛なり、まず DS はいつくにも充ち満ちてますと云うは、真如法性本分の天地に充塞し、六合に遍満したるを、聞きはつり云うかと覚えたり。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)