“しろじゆす”の漢字の書き方と例文
語句割合
白繻子100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吾が近眼にはよくも見えねど、何やらん白繻子き白毛のとりたる服装して、牙柄の扇を持ち、頭のく毎にきら/\光るは白光の飾櫛にや。
燕尾服着初めの記 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
薔薇のの花環が彼女の額にまかれ、足は絹の靴下と小さな白繻子の靴とでよそはれてゐた。