“しろさらし”の漢字の書き方と例文
語句割合
白晒布100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
来あわせた老人が、お信の黒髪を、膝にかかえ入れて、白晒布を、勢いよく裂いているのに、丈八郎は、初めてわれに返って
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして、黄昏れとなれば、物々しくも扮装にかかった。彼女の死装束とする白晒布の肌着には、紋散らしのように、諸国にわたる神社仏閣の印がしてある。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)