“しらすげ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白菅100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは寧ろ、黒人の、「いざ児ども大和へ早く白菅真野榛原手折りて行かむ」(巻三・二八〇)の方がっているのではなかろうか。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
花におく露をしづけみ白菅真野のはぎ原しをれあひにけり
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)