“しよひかご”の漢字の書き方と例文
語句割合
背負籠100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「塩山へかね」と背負籠の石の上に下して、腰を伸しながら、「塩山へは此処からまだ二里と言ひやすだ。あの向ふのい山の下にい山が幾箇となく御座らつせう。その山中だアに……」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
ふと背負籠を負つた中老漢が向ふからつて来たので
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)