“しょうようせい”の漢字の書き方と例文
語句割合
小妖精100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その光るものとはどんなものか、誰にも解らなかったが、とにかく、小妖精は熱心にそれを求め、そのために生き、そのために死んでいったのだった。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
それからまた池にはいったと思うとせわしなく水中にもぐり込んでは底のをくちばしでせせり歩く。その水中を泳ぐ格好がなかなか滑稽愛敬があり到底水上では見られぬ異形の小妖精の姿である。
あひると猿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)