“しょうぶいろ”の漢字の書き方と例文
語句割合
菖蒲色100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
入れは持たないし——にべつに何も入れてある覚えはないが——とそっと手を落して、袖口に出してみると、よくしてある菖蒲色革紐が、いつでも解けるように
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
菖蒲色の若者をたれかと見れば、越後上杉家家来天鼓流築城家村上賛之丞
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)