“しょうぞくがた”の漢字の書き方と例文
語句割合
装束方100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
礼をして、介三郎は静かにの控えにすがたを消す。……だいぶ時ってからである。装束方と後見の者が来て、末座から
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後見や装束方、そのほか、鏡の間の異変に、期せずして混み入って来た家臣たちは、毛氈われている紋太夫の死骸よりも、まず光圀のを仰ぎ合って、ひとしく生唾をのむばかりだった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)