“しょうせきへき”の漢字の書き方と例文
語句割合
小赤壁100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神田川にそそぐお茶の水の堀割は、両岸の土手が高く、樹木が鬱蒼として、水戸家がした朱舜水が、小赤壁の名を附したほど、茗渓幽邃の地だった。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
上野から道灌山飛鳥山へかけての高地の側面は崖ので最も偉大なものであろう。神田川を限るお茶の水の絶壁は元より小赤壁の名がある位で、崖の最も絵画的なる実例とすべきものである。