“しょうじょうかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
清浄界100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二つのものが純一無雑の清浄界にぴたりとうたとき——以太利亜の空はから明けて、以太利亜の日は自から出る。
幻影の盾 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この故に無声の詩人には一句なく、無色の画家には尺縑なきも、かく人世を観じ得るの点において、かく煩悩解脱するの点において、かく清浄界出入し得るの点において
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)