“しょうげんじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
松厳寺50.0%
松源寺50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私どもが聞いたんでも、吾妻橋の佐竹様のお屋敷のりかと思うと、松倉の方に変り、原庭松厳寺の空地かと思うと、急に荒井町の方角に変ったりいたします。
一同が待ち受けている和尚は、前の晩のうちに美濃手賀野村の松源寺までは帰って来ているはずで、村からはその朝早く五人組の一人たせ、人足も二人つけて松源寺まで迎えに出してある。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)